2018年07月31日

ベテランの内海投手の完投完封勝利で連敗も止まりました。

img_919250_3471218_9.gif




巨人の先発投手は、内海投手でした。

今日から巨人は、ベイスターズとの3連戦となりました。

1回表、1塁から吉川尚選手のタィムリー2ベースで先制しました。

2回裏、2アウト1.2塁から重信選手のタィムリーヒットで2点目が入りました。

さらに、1.2塁から吉川尚選手の3ランで巨人に4点目が入りました。

8回表、1アウト2塁から信選手のタィムリーヒットで6点目が入りました。


2014年のベイスターズ戦以来の内海投手の完投完封勝利となりました。




読売ジャイアンツ ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 20:46| 東京読売巨人軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方球場での開催となった試合は、ファイターズの打線が初回から打ちまくり快勝となりました。

img_919250_3471218_13.gif
野球

北海道日本ハムファイターズの先発投手は、有原投手でした。

今日から、ファイターズは、ロッテとの3連戦となりました。

1回裏、1アウト1.2塁から中田選手のタィムリーヒットで先取点が入りました。

さらに1アウト満塁からアルシア選手のタィムリー2ベースで一気に4点が入りました。。

1アウト満塁から中島選手り内野安打でさらに6点目が追加となる。

そして満塁から松本選手のタィムリーヒットで7点目が入りました。

満塁から近藤選手のタィムリーヒットで8点目の追加となる。

1アウト満塁から中田選手のタィムリー2ベースで10点目の追加となりました。

3回裏、満塁から中田選手のタィムリーヒットで12点目が入りました。

さらに対戦相手の投手の送球ミスで13点目が入りました。

8回裏、レーアド選手のホームランで13点目となりました。

9回裏は、白村投手が登板して快勝となりました。

野球




北海道日本ハムファイターズランキング








posted by テイーナナ at 16:16| 北海道日本ハムファイターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

第100回全国高校野球選手権大会の岡山県代表校を決める決勝戦は、岡山学芸館校の準優勝となり甲子園出場は、果たせませんでした。


img_919250_3471218_23.gif



第100回全国高校野球選手権大会の岡山県代表校を決める決勝戦、創志学園校対岡山学芸館校試合が行われました。

1回表、創志学園校に先取点が入る。

3塁からスクイズで創志学園校に2点目をが入れる。

2回裏、2アウト3塁からタィムリー3ベースで岡山学芸館校が1点ほ返しました。

3回表、2塁からタィムリーヒットで創志学園校に3点目が入る。

そして創志学園校に4点目が入る。

6回表、ホームランで創志学園校に5点目が入る。

7回表1アウト満塁から外野手がフライを落として創志学園校に6点目が入る。

そして、1アウト満塁から犠牲フライで創志学園校に7点目が入る。

8回裏、満塁から犠牲フライで2点目を返します。

9回表、ホームランで創志学園校に8点目が入る。

さらに、2アウト2塁からタィムリー2ベースで創志学園校に9点目が入る。

そらに、2アウト2塁からタィムリーヒットで創志学園校に10点目が入る。

試合は、9-2で岡山学芸館校の敗戦となり甲子園出場出来ませんでした。

創志学園校が2年ぶり2回目で甲子園出場となりました。





高校野球 ブログラン

第100回全国高校野球選手権大会の北大阪府代表校を決める決勝戦は、大阪学院大校が準優勝となり甲子園出場を果たす事が出来ませんでした。


img_919250_3471218_23.gif



第100回全国高校野球選手権大会の北大阪府代表校を決める決勝戦、大阪学院大校大阪桐蔭校対試合が行われました。


1回表、大阪桐蔭校に4点目が入る。

2回裏、大阪桐蔭校に8点目が入る。

3回裏、大阪桐蔭校に9点目が入る。

5回裏、大阪桐蔭校に10点目が入る。

6回表2アウト2.3塁からタィムリー2ベースで大阪学院大校試で2点を返しました。

6回裏、大阪桐蔭校にホホームランなどで21点目が入る。

試合は、2-23で大阪学院大校試甲子園出場成らずでした。

大阪桐蔭校が2年連続10回目の甲子園出場となりまました。





高校野球 ブログラン

第100回全国高校野球選手権大会の北神奈川代表校を決める決勝戦は、慶応義塾校が甲子園出場となりました。


img_919250_3471218_23.gif



第100回全国高校野球選手権大会の北神奈川代表校を決める決勝戦、慶応義塾校対桐光学園校試合が行われました。

1回表、慶応義塾校に先取点が入ります。

2回表、ホームランで慶応義塾校に、3点目が入りました。

3回表、ホームランなどで慶応義塾校に、5点目が入りました。

さらに、2アウト1.2塁からタィムリーヒットで慶応義塾校に5点目が入ります。

4回裏、2塁からタィムリーヒットで桐光学園校が1点を返します。

7回表、満塁からタィムリーヒットで慶応義塾校に6点目が入ります。

8回表、2アウト2塁からタィムリー2ベースで、慶応義塾校に7点目が入ります。

8回裏、ホームランで桐光学園校が2点目を返します。

そして、1アウト2塁からタィムリー2ベースで桐光学園校が3点目を返します。

さらに、1アウト2塁からタィムリーヒットで桐光学園校が4点目を返します。

2アウト満塁から押し出しで桐光学園校が5点目を返します。

試合は、7-5で、10年ぶり5回目で慶応義塾校が甲子園出場を決めました。




高校野球 ブログラン