2019年10月11日

クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦、巨人、3勝1敗となり日本シリーズ出場権を決めれませんでした。

img_919250_3471218_9.gif




巨人の先発投手は、戸郷投手でした。

今日から、クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦、巨人【1位】対、阪神タイガーズ【3位】の試合が行われました。

3回表、阪神が先制します。

3回裏、1アウト満塁から、岡本選手の逆転タィムリー2ベースで、2点が入りました。

1アウト2.3塁から、阿部選手のタィムリーヒットで、3点目が入りました。

4回表からは、桜井投手がリリーフとなり満塁のピンチも凌ぎました。

4回裏、陽選手のホームランで、4点目が入ります。

5回表途中かせ、高木投手が登板するが、阪神に6点目入れられて逆転されてしまう。

そして、澤村投手の登板となりました。

5回裏、岡本選手の同点ホームランで、6点目が入りました。

6回表途中からは、大竹投手が登板でした。

8回表は、中川投手の登板でした。

9回表、阪神に7点目が入り勝ち越しされます。

そして、負けて3勝1敗となり、日本シリーズ出場権を決める事が出来ませんでした。






読売ジャイアンツ ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 22:32| 東京読売巨人軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本男子バレー2019年ワールドカップ大会第19日第8戦目日本の対戦相手は、エジプトに、フルセット末の3-2の勝利て、6勝2敗となりました。

img_919250_3471218_29.jpg

🌑


全日本男子バレー2019年ワールドカップ大会第19日第8戦目日本の対戦相手は、エジプトでした。

第一セットは、日本のペースのセットとなりました。

第二セットは、エジプトの高さに、日本が対応出来ず自らの自滅のセットとなりました。

第三セットは、接戦の逆転の逆転のセットを日本が競り勝ちとなった大きなこの試合のポイントのセットとなりました。

第三セットは、縺れたセットととなり最後は、日本の底力を示したセットとなりました。

第四セットは、日本がリードするも追い付かれ、自ら自滅のセットとなりました。

日本、エジプト、に、フルセットの末の3-2で勝利して、6勝2敗となりました。

そして、ワールドカップ24年ぶりの4連勝となりました。


第一セット 日本対エジプト
       25  14                
第二セット 日本対エジプト
       18  25                
 
第三セット 日本対エジプト

      25   24
   
第四セット 日本対エジプト

      28   30 
第五セット 日本対エジプト
       15  13

🌑



スポーツ ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 22:06| バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする