2011年04月15日

今の時期に異例のソフトバンクが杉内俊哉投手引き留め工作に必死。

野球
今年の4月15日に出場選手登録日数が8年に達し、国内フリーエージェントの資格条件を満たすソ

フトバンク杉内俊哉投手(30)に対し、この時期に異例の球団側が残留交渉に乗り出していたこと

が分かっています。

年齢的に行ってもまだまだ活躍出来る投手の上、左腕投手となるとどの球団も欲しがるでしょう。

ソフトバンクの 笠井和彦オーナー代行が直接出馬して生涯ホークスのプレーを杉内投手に求めまし

たがまだ開幕試合も始まった時期としては異例ですね。

それだけソフトバンクには必要な選手と思われているのかもしれません。

しかし短期決戦に弱いソフトバンクにいるより他球団移籍の方が杉内投手には良い環境かもしれませ

ん。

杉内投手もまだ生涯ソフトバンクとは煎ってらず今季のFA選手としては注目になりそうですね。

野球

人気ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 07:40| Comment(0) | プロ野球全般(パーリーグ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: