2015年09月05日

第27回WBSC U18ベースボールワールドカップ〔スーパーラウンド〕大会8日目、日本は、キューバに快勝して無敗の8連勝で決勝戦に勝ちあがりました。

U18野球ワールドカップ.gif

野球
第27回WBSC U18ベースボールワールドカップ〔スーパーラウンド〕大会8日目、第8戦目は、キューバ対日本の試合が行われました。
さて、日本の先発投手は、小笠原投手でした。
1回裏、2アウト2.3塁から、タィムリー2ベースで、日本に先取点2点が入りました。
2回裏、平凡な内野フライをキューバの外野手と内野手がお見合いしてエラーとなり、日本ノーアウト2塁と追加点のチャンスが訪れましたがその後の打者が三者凡退となり日本追加点成らずでした。
3回表、日本は、小笠原投手から橋純平投手がマウンドに上がります。
橋純平投手投手、ノーアウト1塁とランナーを背負いますが、内野ゴロとダブルプレイなどで切り抜けました。
3回裏、1アウトアウト1.3塁から、タィムリーヒットで、日本に3点目が入ります。
さらに、キューバの投手のパスボールで、日本1ノーアウト2.3塁となりさらに、四球で満塁となります。
内野ゴロの間に、3塁ランナーが生還して、日本4点目が入ります。
さらに、2アウト1.3塁から、タィムリーヒットで、日本に5点目が入り、キューバの先発投手が降板して2番手投手がマウンドに上がりました。
5回表からは、日本、3番手成田投手に継投されました。
5回裏、1アウト1.3塁から、タィムリーヒットで、日本に6点目が入りました。
6回表、日本、高橋樹也投手に継投されます。
6回裏、ノーアウト2塁から、タィムリー2ベースで、日本に7点目が入りました。
7回表、2アウト3塁とこの試合きゅーが始めてランナーを3塁に進めましたが、高橋樹也投手がキューバの打者を三振にとり得点を与えない投球内容でした。
7回裏、1アウト3塁から、内野ゴロをキューバのセカンドの選手のファーストへの悪送球の間に、3塁ランナーがホームインして、日本に、8点目が入ります。
7回裏、キューバの3番手投手がここで登板しました。
そして、2アウト1.3塁からタィムリーヒットで、日本に9点目が入りました。
8回表からは、日本、森下投手に継投されました。
試合は、0-9で、日本無敗の8連勝で決勝戦に進出しました。
明日、午後6時から、アメリカ対日本の決勝戦が、地上波〔朝日テレビ系列〕で試合が放送されます。
野球


高校野球 ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 15:43| U18野球ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする