2016年07月16日

マツタオールスター2016第二戦は、壮絶な打撃戦の末引き分け試合となりました。

プロ野球オールスター.gif


マツタオールスター2016第二戦が行われました。
セーリーグ先発投手は、石田投手でパーリーグの先発先発投手は、涌井投手で試合が開始されました。
2回裏、ロッテの涌井投手から、ベイスターズの筒香選手がホームランを打ち今日もセーリーグの先制で試合が動きました。
さらに、広島の鈴木選手の犠牲フライでセーリーグに、2点目が入りました。
3回裏、オリックスの塚原投手から広島の丸選手のホームランでセーリーグに、3点目が入りました。
5回表ベイスターズの井納投手から、ファイターズの大谷投手のホームランで1点を返しさらに西武の浅村選手の2ランで3点目が一気に同点にパーリーグが追いつきました。
7回表、ヤクルトの秋吉投手から、ソフトバンクの今宮選手のタィムリーヒットで、パーリーグに4点目が入り勝ち越ししました。
7回裏、ファイターズの有原投手から阪神の原口選手のタィムリー2ベース、ヤクルトの大引選手のタィムリーヒットなどで、セーリーグに5点目が入り勝ち越ししました。
8回表、中日の田島投手から、ファイターズの大谷選手のタィムリーヒットでパーリーグに5点目が入り又してもパーリーグが追いつきました。
それにしてもオールスター第二戦は、壮絶な打撃戦の中で、ファイターズの大谷選手は、大活躍ですね。
そして試合は、引き分けとなりました。



野球 ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 21:09| プロ野球全般(パーリーグ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする