2017年03月15日

2017年、ワールドベースボールクラシック二次ラウンド第3戦目日本、イスラエルに勝利無傷の6連勝で二次ラウンドを1位通過として準決勝に進出しました。

ワールド、ベースボール、クラシック.gif

2017年、ワールドベースボールクラシック二次ラウンド第3戦目日本の対戦相手は、イスラエルでした。
日本の先発投手は、千賀投手でした。
2回裏、ノーアウト1.2塁で鈴木選手に打たせて1アウト1.3塁となりましたがここで送りバントで1アウト2.3塁にすべきではなかったのかな。
結局2アウト2.3塁になっても小林選手の見逃し三振で得点出来ずで最悪の結果になりましたからね。
3回表、死球から2アウト3塁となるがここは千賀投手が抑えました。
3回裏もノーアウトから山田選手がヒットで出塁するも菊池選手の送りバントが出来ず筒香選手が四球で2アウト1.2塁の好機にも内川選手が凡退と今日は打線の繋がり悪い試合となりました。
今日は、先発の千賀投手が5回投げきって素晴らしい投球内容でした。
6回表からは、平野投手に継投となり菊池選手の好守備もあり三者凡退となりました。
6回裏、遂に筒香選手のホームランで日本に待望の1点が入りました。
やはり接戦の試合では、頼れるバッターですね。
さらに、1アウト1.2塁から、松田選手のタィムリー2ベースで2点目、小林選手の内野安打で3点目が入りました。
そして1アウト満塁から菊池選手のタィムリーヒットで日本に4点目が入りました。
1アウト満塁から青木選手に、死球で日本に5点目が入りました。
7回表も平野投手が登板しましたが、1アウト2塁で宮西投手に継投となり抑えました。
8回表は、秋吉投手に継投となり三者凡退で抑えました。
8回裏、1アウトから青木選手のタィムリー2ベースで打者は、筒香選手選手でしたが敬遠となり1アウト1.2塁で内川選手のタィムリー2ベースが飛び出し日本に7点目が入り2アウト1.2塁からも小林選手のタィムリーヒットで8点目が入りました。
9回表は、牧田投手の登板となりましたがノーアウト1.2塁とピンチになりイスラエルに1点を返されさらに1アウト満塁となりさらに3点目を返されますがこの3失点で抑えました。
日本、イスラエルに8-3で勝利して無敗で二次ラウンドも1位通過となり準決勝に進出となりました。


野球 ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 22:37| ワールド、ベースボール、クラシック(WBC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする