2018年10月08日

第71回秋季北海道高校野球大会決勝戦は、札幌大谷校が初優勝となり、来年の春の選抜大会出場に大きく前進となりました。




第71回秋季北海道高校野球大会決勝戦、札幌第一校対札幌大谷校の試合が行われました。

1回表、1アウト1塁からタィムリー2ベースで、札幌第一校が先制する。

2回表、2アウト2.3塁からタィムリーヒットで、札幌第一校に3点目が入る。

3回表、1アウト1.2塁から札幌大谷校のセカンドゴロのエラーで札幌第一校に4点目が入る。

3回裏、2.3塁から、タィムリーヒットで、札幌大谷校が2点を返しました。

さらに、2.3塁からタィムリーヒットで、札幌大谷校が3点目を返しました。

そして、1.3塁からタィムリーヒットで、札幌大谷校が4点目を返し同点に追いつきました。

5回表、1アウト満塁から、タィムリーヒットで札幌第一校に5点目が入り勝越しする。

8回裏、1アウト2塁からタィムリー2ベースで、札幌大谷校に5点目が入り同点に再び追いつきました。

そして、1.2塁からタィムリー2ベースで、札幌大谷校に、7点目が入り逆転となりました。

さらに、2塁から2ランで、9点目が札幌大谷校に入りました。

9回表、1アウト1.2塁からタィムリーヒットで、札幌第一校が6点目を返す。

試合は、6-9で札幌大谷校の逆転勝利で、初優勝となり第71回秋季北海道高校野球大会決を制しました。

そして、特に、今年は、北海道で胆振東部地震で被災者も多く被害があった地域から春の選抜大会出場校を選考する可能性が大いにあると思い

ます。

東日本大震災の時も春の選抜大会に、被災地から選ばれている傾向もありますからね。





高校野球 ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 12:33| 高校野球〔硬式〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする