2019年01月18日

2019年、アジア杯、日本対ウズベキスタンの試合は、控え選手で挑んだ試合を勝利して勝ち点9を獲得してグループリーグ1位通過を決めました。

アジア杯.gif


2019年、アジア杯、日本対ウズベキスタンの試合が行われました。

前半、日本が積極的にシュートするが決まらず遂に前半40分に、ウズベキスタンに先制シュートを決められてしまう。

しかし、前半分、43分、武藤選手の同点シュートが決まりました。

ウズベキスタンに、先制されてもすぐ日本が追いついたのは、大きいですね。

後半3分、塩谷選手の逆転シュートが決まり2点目が入りました。

後半は、ウズベキスタンにゴール側まで攻められるシーンも多くありましたが、なんとか逃げ切りました。

試合は、2-1で、日本の逆転勝利となり、勝ち点9でグループ1位通過となりました。

今日は、主力組から控え選手で挑んだ試合でしたけど、主力選手を温存出来て、そしてグループ1位通過とある程度価値ある勝利でした。




スポーツ ブログランキングへ
posted by テイーナナ at 00:22| 男子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする