2019年08月22日

第101回全国高校野球選手権記念大会第12日目決勝戦は、惜しくも星陵校が準優勝となりました。

img_919250_3471218_22.gif






第101回全国高校野球選手権記念大会第12日目決勝戦は、履正社校〔大阪府代表〕【県外選手10人】対星陵校〔石川県代表〕【県外選手2人】の試合が行われました。

2回裏、2アウト2塁から、タィムリー2ベースで、星陵校が先制する。

3回表、3ランで県外選手10人の履正社校が逆転する。

7回裏、1アウト2塁から、タィムリー2ベースで、星陵校が2点目を返す。

2アウト1.2塁から、タィムリーヒットで、星陵校に、3点目が入り同点となる。

8回表、1アウト3塁から、タィムリーヒットで、県外選手10人の履正社校に4点目が入り再び勝ち越しする。

2アウト2塁から、タィムリーヒットで、県外選手10人の履正社校に5点目が入る。

試合は、5-3で惜しくも深紅の優勝旗は、今年も雪国の石川県代表の、星陵校には、届きませんでした。

やはり今年も雪国の北陸、石川県代表の星陵校も大阪府代表の履正社校に負けてしまいましたね。

大阪府の代表校の高校が、雪国の代表校にとっては、未だに天敵な対戦相手と言えるかもしれませんね。

それに、今回は、履正社校から、U18のメンバーが一人も選ばれてないので、意地でも優勝してやると言う気持ちと春の選抜大会で、星陵校の

奥川投手に、1回戦で17奪三振を食らって負けているからその時の意地も今回あったのかもしれませんね。




高校野球 ブログラン
posted by テイーナナ at 16:10| 高校野球〔硬式〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする